ごあいさつ

■お知らせ・ブログ

2020-10-28 16:30:00

船橋市、三咲駅から徒歩3分のたけうち治療院です。

たけうち訪問治療院、船橋・鎌ヶ谷の訪問マッサージは当院へ.jpeg

当院では、鍼灸治療をはじめ整体施術にて、筋肉を調整する施術を行っています。

 

鍼灸というと、肩こりや腰痛でかかるというイメージが強いですが、

 

【頭痛】での相談も多くあります。

 

 

頭痛は、自律神経の不調や筋肉の緊張が原因で起こることが解明されており

 

 

鍼灸治療では、自律神経への刺激と筋肉への刺激を併せ持つ関係で、症状に変化が見られると考えられています。

 

 

【頭痛】にお悩みの方は

デスクワークや首肩に負担のかかる姿勢が多く、慢性的な肩こり首こりを抱えている場合も目立ちます。

 

 

【頭痛】治療は

 

【頭痛】に関するツボ刺激

首や肩の筋肉の調整

他のお悩みがあれば併せて調整

 

これらを中心に心身ともにリラックス出来るお時間を過ごしていただきます。

 

 

また、日常の姿勢や過ごし方など

身体の不調が強くならないようなアドバイスもさせていただきます。普段気をつけていること、何かを初めて不調になったかも、などお気軽にご相談ください!

 

 

 

 

■たけうち治療院

■船橋市三咲2-3-1-101

■新京成線、三咲駅から徒歩3分

■鍼灸、整体、トリガーポイント、筋膜リリース、訪問治療

■050-5889-6608

 

 

 


2020-10-28 13:14:00

 

坐骨神経痛の治療 
(鍼灸治療、筋膜リリース整体)

あなたの状態はこれらにあてはまりますか?


●お尻、太ももの裏・すね・ふくらはぎにシビレや痛み、重だるさがある

●立っていると元だるさがでてくる

●整形外科で坐骨神経痛と言われた

●痛み止めを飲んでいる

●運転、立ち仕事など足腰に負荷のかかることがある


座骨神経痛、痛みの部位

 

坐骨神経痛の原因

●主に生活習慣からくるものが多くあります。 
●日常的に腰やお尻に疲労がたまりやすい生活をしていたり、スポーツ歴などでも関係してきます。

●また、ぎっくり腰になりその後の後遺症として残る場合もあります。


座骨神経痛の鍼治療、デスクワーク

坐骨神経って?

座骨神経痛の鍼治療、坐骨神経の流れ 

●坐骨神経とは、腰から出た神経の束がお尻や足の裏側を通り、足先まで伸びている、太くて長い末梢神経のことです。

●整形外科などで坐骨神経痛と診断されると、神経や血液の伝達を良くするビタミン剤や痛み止めの処方がされてると思います。

その後はどうですか?

座骨神経痛 薬のイメージ

●もしかしたらあまり坐骨神経痛が良くならなくて、当院のページに来てくださったのかもしれません。

●服薬で良くならなかった場合は、別の原因があるかもしれません。

別の原因?

トリガーポイント坐骨神経痛

●近年よく話題に上がる、トリガーポイントが一つの原因と当院では考えています。

●特にお尻に付いている、中殿筋や梨状筋です。この筋肉たちは股関節から足先を外に向けさせる働きがあり、仙骨から足の付け根に付いています。この筋が炎症もしくは過度の緊張状態になると、その下を通る坐骨神経を圧迫して神経の走行に沿って痛みが生じると考えられています。

●また、筋肉自体が痛みを発している場合もあります神経の圧迫が原因で痛みやしびれが出ているのなら、その部分が最も痛いはずです。

 

●しかし、実際に痛いのはお尻だったり、太ももの裏側やふくらはぎやふくらはぎの外側、くるぶしなどに痛みがあるはずです。

 

●このように広範囲にわたって痛みが生じていることから、痛みの原因の多くはレントゲンやMRIなどの画像には写らない、筋肉や筋膜にできるトリガーポイントであると考えられます。

坐骨神経痛治療の流れ

●問診にて既往歴・生活習慣・原因をお聞きして、治療の効果を上げるための方法を適宜相談しながら進めていきます。

 

●又、坐骨神経痛の原因は腰や坐骨神経以外にあることもあるので、お尻周りのほか、足、腰、背中、肩の筋肉の状態や反応も診ます。

 

●坐骨神経痛治療の場合、腰から足など割と広い範囲で状態が悪いことがあります。筋膜リリース整体(手技orグラストン)で表面からアプローチしていき、治療後の状態を診て、鍼治療をお勧めすることもあります。

 

●坐骨神経痛治療の鍼治療ですと、臀部を覆っている中殿筋や大殿筋、梨状筋に対して、数本の鍼を行い、場合により電気を流します。電気刺激の苦手な方もいらっしゃるのでお気軽にご相談ください。心地いい刺激がお体には最適な効果を与えると考えております。電気だから効果が高いというわけでもありません。

 

座骨神経痛の鍼治療、電気鍼イメージ

 

●坐骨神経痛の治療には回数がかかる方、一回で楽になる方がいます。どちらも楽になればいいのですが、根本の日常生活が治っていなければ、また症状のぶり返しが起こります。生活習慣によって齎された筋肉への影響が長い分、状態は悪くなっていると思われます。

 

●当院での施術が、患者様が自身の健康を考えるきっかけとなるよう、全力で施術にあたらせて頂きます。

 

当院の紹介

 

●たけうち治療院では、筋肉疲労、筋肉の痛みに焦点を当てた、トリガーポイント療法鍼や筋膜リリース理論を基に治療を行っています。

●患者様の状態や希望に対応できるよう、鍼治療コース・筋膜リリース整体コース・ソフト整体リラクゼーションコースをご用意しております。

●腰痛や肩こりでお悩みの方や、スポーツ愛好家、使い過ぎなどの肉体疲労が気になる方がご来院いただけます。

●皆様の健康が今よりもっと良くなり、日常生活が楽しく・スポーツ、部活が長く続けられるようにサポートいたします。

 

たけうち治療院

 


2020-10-28 13:09:00

※下記リンクは系列院ブログへ移動します

 

頭痛にお悩みの女性がご来院されました

詳細はこちらか


2020-10-26 23:48:00

パーキンソン病の訪問鍼灸マッサージ

 

パーキンソン病

 

 

●パーキンソン病の原因は?

 

脳のドパミン神経細胞の障害により症状が表れます。心身のバランスを調整している脳には、様々な神経回路が備わっています。

例えば身体を動かす神経回路は、一本の線でつながっているわけではなく、いくつかの神経を介して体を動かす指令が伝えられています。そのいくつかの神経の間は「神経伝達物質」が担っており、パーキンソン病の原因である神経伝達物質は「ドパミン」といわれます。ドパミンの減少やドパミン受容器の機能低下は、心身の活動に大きく影響を与えます。

ドパミンの減少する原因は、まだ十分にはわかっていませんが、年齢によるものや薬剤によるもの、遺伝性のものなどが推測されています。

パーキンソン病の治療では、不足したドパミンをパーキンソン治療薬で補充することが基本的な治療方法となります。それにより症状の改善がみられることが多いのですが、パーキンソン病を患っている方の多くが、便秘・腰痛・肩こり・体の固さなどを訴えられます。

 

 

鍼灸マッサージでは、全身の調整や痛みの施術、腸マッサージなどで、QOLの向上に寄与することを目指します。

 

 

 

●症状 

 

パーキンソン病で代表的な運動症状は次の4つです。いずれの症状も、症状の強さに左右で差があるのが大きな特徴です。

 

 

 

●パーキンソン病の4大症状

 

 

・手足が震える「振戦」

 

安静にしている時や寝ている時に、手足が小刻みに震えます。動いたり、何かしようとするときには、震えが止まることが多いのが特徴です。パーキンソン病の最も代表的な症状です。患者さまのお話だと、基礎的なお薬で割と緩和される症状だそうです。

 

 

・筋肉のこわばり「筋固縮」

 

筋肉がこわばる、身体がスムーズに動かなくなります。下記の「無動」にも関係するのですが、筋固縮は、身体の動きが十分にできません。動きが取れないと筋肉は固くなり、使いにくくなります。また、使えなくなると筋肉は痩せてしまいます。パーキンソン病の対処法では、病院やリハビリ施設での運動が行われるケースがケアマネなどからよく聞く話です。また、訪問鍼灸マッサージで【ストレッチや機能訓練運動、痛みの治療】を行う場合もあります。筋肉のこわばりにも大きく関係している、痛みや慢性的な痛みのケアに精通している鍼灸マッサージ院に定期的にお願いするケースも目立ちます。

 

 

・動きが鈍くなる「無動現象」

 

早い動きが難しくなり、動きが小さいことや歩いている時に手を振ることをしなくなります。また、一度にいくつもの動作をしようとするとさらに動きが鈍くなります。パーキンソン病は、神経伝達が上手くいかないことがあるので、頭で思っていても行動に移せないことがあります。特にこの現象は、周りから見ると「早く動いてほしい」「せかしてしまう」などあまり理解のされない症状で、本人にとってはつらい状態です。動きたくても動けない、調子の良い時はサッサっと動けるぶん、周りからのストレスは良く聞く話です。訪問マッサージでは、無理な運動はしません。調子を見ながら、パーキンソン病の特徴をとらえた声掛けや運動メニューを行います。

 

 

・バランスがとりにくくなる「姿勢反射障害」

 

立っている時にバランスを崩し、転びやすくなります。バランスを崩したときに起きる、一歩足が出る行為やバランスを戻す動作が難しくなります。

 

 

 

●パーキンソン病のその他の症状

 

・4大症状以外にも、様々な症状が表れることがあります。また、必ず症状がみられるわけでもなく、他の病気でもおこりうる症状もあります。

 

・便秘や体の痛みやコリ感、疲労感など鍼灸マッサージでお力になれることがあります。

 

・ご来院、訪問どちらでも対応可能ですので、お気軽にご相談ください。

 

 

 

◆訪問鍼灸マッサージの始め方と施術例

 

 

①電話かLINEで申込みをお願いします

 

お名前、お住まいのエリア(最寄り駅)、電話番号などをお願い致します。

また、体験施術(無料)が必要かお伝えください。その場合はご希望の日時をお聞きします。

 

 

②体験施術とシステムの説明に伺います

 

30分〜60分ほどお時間を作っていただき、訪問鍼灸マッサージの体験と必要書類の説明などをさせて頂きます。

 

 

 

③体験後、書類の発行

 

体験施術で訪問鍼灸マッサージを利用したい場合は、現在かかっている医師に施術の同意書を書いて頂きます。この同意書は、訪問鍼灸マッサージを健康保険で受けるための書類になります。同意書は当院作成しますので、患者様やご家族様が医師に持参頂く形となります。

 

 

④同意書発行後、初回訪問

 

同意書が発行されましたら施術が受けられます。初回の訪問日時をお約束します。

 

 

⑤施術開始と施術の一例

 

お約束した日時に訪問します。お布団、ベッド上に横になっていただき、お身体を診させて頂きます。

 

施術例

 

横向きでストレッチ

 

 

⑥施術終了

定期的な施術で症状の緩和を目指しますので

 

 


2020-10-15 09:00:00

 

こんにちわ!

たけうち訪問治療院、武内です。

 

 

当院は、船橋市を中心に、鎌ヶ谷市、松戸市、柏市、千葉市、印西市、八千代市などを出張エリアとしている、健康保険取扱の訪問治療院です。

 

 

LINEやお電話でのお問い合わせで、「私でも受けられるかしら?」「母親がこういう状態なんだけど治療はやってもらえますか?」とご質問が寄せられています。

 

この度、どのような方が対象となるのか、実際の例を用いながらご紹介させて頂くこととなりました。

 

 

今回は、鎌ケ谷市の新鎌ヶ谷エリアにお住まいの方です。

 

《患者様の基本情報》

※個人情報保護のため一部内容を変えていますのでご了承ください。

 

🔵名前、鎌ケ谷しん様

🔵性別、女性

🔵年齢、80歳

🔵介護度、要介護4(訪問介護・訪問診療・デイサービス・ショートステイ)

🔵症状、脳梗塞後遺症、腰の痛み

🔵住所、鎌ケ谷市新鎌ヶ谷(中央)地区

 

※鎌ケ谷市地域

地名:粟野、右京塚、鎌ヶ谷、軽井沢、北中沢、北初富、串崎新田、くぬぎ山、佐津間、新鎌ヶ谷、中央、富岡、中佐津間、中沢、中沢新町、西佐津間、西道野辺、初富、初富本町、東初富、東道野辺、馬込沢、丸山、道野辺、道野辺中央、道野辺本町、南鎌ヶ谷、南佐津間、南初富

主要駅:新鎌ヶ谷、六実、初富、くぬぎ山、北初富、鎌ヶ谷大仏、鎌ケ谷、馬込沢、高柳など

 

 

 

《担当ケアマネより相談がありました》

 

脳梗塞を発症して7年程になります。発症当初から自宅での生活を続けています。

 

息子さんご家族と共に生活をしており、身の回りのことは、訪問ヘルパーとご家族が行っています。

 

在宅生活当初から、ベッド上の生活が基本となっており、ご自身では移動も困難な状態です。

 

寝たきり状態が続いていることもあり、着替えや体制を変えるときに腰の痛みを訴えるようになりました。

 

家族から心配の声がありご相談がありました為、痛みの緩和の医療サービスの導入を検討しています。無料体験は申し込めるでしょうか?。

 

 

 

《今回のお困り事に当院で行うこと》

 

🔵まずは患者さまの状態を見せて頂くためご自宅へ訪問させて頂きました。

 

🔵今までの経過やご本人や家族の意向の確認、身体検査、無料体験を行い、訪問鍼灸マッサージの適応なのかを見ました。

 

🔵今回は患者様の状態が、「寝たきり状態」「腰に痛みが出ている」などの諸条件に合いました。

 

🔵担当のケアマネさんとも話し合い、患者様のご意向なども踏まえて、導入のお話をしていただきました。

 

🔵当日中に訪問鍼灸マッサージの申し込みがあり、再度、訪問鍼灸マッサージのシステムをご説明させていただきました。

  

🔵訪問鍼灸マッサージには、同意書という書類が必要になります。

 

🔵同意書は全て当院が作成致しますので、主治医の先生(内科医でも可能です)にご記入をお願いして頂きます。鎌ケ谷しん様の場合ですと、訪問診療の先生が定期的にいらっしゃるということでしたので、お願いしました。

 

🔵鍼灸マッサージの特性上、効果などが立証されていないため、お医者さまのご同意が取れない場合もありますが、その場合は改めてご相談をお願い致します。

 

🔵同意書が発行され次第、訪問鍼灸マッサージがスタートできます。

 

 

《治療の頻度は?》

 

🔵鎌ケ谷しん様の場合ですと、週1回の訪問鍼灸マッサージをおススメしました。他のサービスとのスケジュール関係もあり、初めはお試し程度で受けてみたいとのことでした。お体の状態に合わせてのご提案となりますので、なるべく治療方針に沿った頻度をお伝えしていますが、他のサービスやご予定もあるかと思います。ご希望などありましたら、ご遠慮なくお伝えください。

 

 

 

《いくらかかりますか?》

 

🔵1回あたり400円程度(出張料込)となります。訪問はり灸マッサージは、拠点の治療院・出発地からの距離によって料金が異なります。鎌ケ谷市の新鎌ヶ谷地域ですと、約400円~550円で受けらます。ご住所を教えていただければ、予めお調べすることも可能です。

 

 

 

《治療の時間は?》 

 

🔵1回あたり30〜40分のお時間を取っていただき、問診・施術を行います。

 

 

《脳梗塞・腰痛の方の治療の進め方は?》

 

🔵鍼灸、マッサージで痛みを緩和する目的を主に治療を進めます。筋肉の硬さや関節の柔らかさによっても痛みは変わってくるので、ストレッチで充分に身体を伸ばします。

 

🔵体幹部分やお尻・足のリハビリも同時に行うことで、腰の痛みの緩和や姿勢の改善にも効果が期待されます。

 

🔵身体の変化を診ながら、治療内容を見直していきます。

 

 

《まとめ》

 

🔵脳梗塞のような、後遺症が長く続く病気の場合、継続的なケアが必要となります。最近では、リハビリ型のデイサービス、機能回復に力を入れている施設が目立ってきましたので、それらを利用する方も増えています。訪問鍼灸マッサージでは、痛みの緩和とリハビリ要素を加えた施術を行えるので、無理のなく受けることが出来ます。

 

🔵今の環境に無理のない範囲で、訪問鍼灸マッサージを取り入れていただけるようご提案を致します。

 

🔵様々なご依頼がありますが、当院では、まずは会ってお話を伺うことを大切にしております。もし、他のサービスの方が最善と思われた場合は、ご提案させていただきますので、どんな小さなことでもお気軽にご相談いただけたらと思います。

 

🔵皆様の生活が、少しでも良くなるよう、心地いい時間が過ごせるよう、誠心誠意施術にあたらせていただきますので、よろしくお願いいたします。

 

 

◆治療院情報◆

たけうち訪問治療院・鍼灸院

船橋市を拠点に、近隣の市内を対象エリアとしています。

電話:050-5889-6608

 

◆対応疾患◆

・脳梗塞・パーキンソン病・変形性膝関節症・脊柱管狭窄症・ヘルニア・ALS・脳出血・腰痛・肩痛・首痛・五十肩・リウマチ・関節痛・廃用症候群・筋力低下・身体の痛み・神経痛・人工関節・頚椎症・後縦靭帯骨化症後遺症・小脳萎縮症・多系統萎縮症・糖尿病性疾患・リンパ浮腫・大腿骨骨折・骨粗しょう症・骨折後の痛み など 


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...