※ウェブ集客などの営業お電話は、LINEより受付中です

■お知らせ・ブログ

2019-05-01 09:53:00

鍼灸(はりきゅう)について

鍼灸治療とは

 

鍼灸治療とは、鍼(はり)や灸(きゅう)を用いて、身体に適切な刺激を入れることで改善を促す施術方法です。古くは2000年以上前に発症したとの説もあり、東洋医学の中でも有名な治療方法の一つとされています。昨今は、スポーツ選手が行う「スポーツ鍼」や美容目的の「美容はり」が脚光を浴びています。

 

■鍼(はり)

・鍼(はり)は、髪の毛より細い太さがほとんどです。注射のような痛みはまず感じないです(※痛みなどは個人差がとても大きいのであくまで統計上のデータとして)。鍼の一番のネックは、針の痛みがあるのかどうかがあるので、そのあたりはご安心ください。また、症状や鍼治療の経験により、針を入れる深さや太さが変わってきますので、針への恐怖心などがございましたらご遠慮なくおっしゃっていただくか、整体施術での対応も可能です。

 

・鍼(はり)の施術方法としては、針を刺して10分から15分ほど置く「置鍼(ちしん)法」が主な方法となります。そのほかには、針を刺してすぐに抜く「単刺(たんし)法」や刺した針に電気を流す「パルス鍼」などがあります。

 

・これらの針手法が患者様の状態によって使い分けられます。また、同じ患者様でも、症状の改善や変化によっても変えることがあります。

 

・鍼(はり)をすることで、血行を促したり、身体全体のバランスを司っている自律神経の調整が期待されます。これらが鍼の刺激で行われるので、刺激量は大変重要なこととなります。

 

・鍼治療をすると一回で症状が良くなる人もたくさんいます。しかし、基本的には劇的に症状が変わる様な治療は行いません。体に負荷のかからないように、徐々に効果が感じられる刺激量が適切と考えています。

 

・鍼治療にいらっしゃる方には、鍼に特別なパワーがあって、一回で魔法のように治るんじゃないかと思ってくる方も稀にいます。もちろん鍼治療に期待を持ってきていただいているのでうれしい限りなのですが、ほとんどの方が、鍼治療初体験、もしくは10年以上前に一回で治った経験のある方です。その想いがあるので、例えば一回で期待値を超えない効果となった場合に「自分にはあわない」「鍼はきかない」と思い込んでしまします。しかしそれは間違いです。鍼を受けた体は必死に自己治癒力を呼び覚まそうと回復過程に入ります。その回復過程にも個人差があり、年齢や生活環境にも大きく左右されます。まず、初めて鍼を受ける方は、鍼の後どのような変化があるのか、変化の期間はどの程度なのかを観察することが大切です。鍼は継続的な利用が重要であることをしっかりと理解の上で施術をうけていただきたいです。

 

■灸(きゅう)

 

・灸(きゅう)は、熱い!というイメージが根強くあります。最近は、紙でできた筒と台紙の中にもぐさが包まれている簡易的な灸が主流です。熱量や香りなども細かく分類されているので、セルフケアとしても使われる機会が増え、今ではドラッグストアや東急ハンズなどでも取り扱われるほど身近になっています。

 

・時代劇などで目にすることが稀にありますが、山のようなもぐさに火をつけてもくもく煙が出る灸は現代ではほぼないと思われます。灸の跡がついてしまいますし、火傷を負ってしまうことがあります。

 

・最近の灸ですと、火傷の心配もほぼないと言えますし、跡も残らず、かつ本来の灸の効果が期待できます。あったかく温泉に浸かっているような感覚といわれることもあります。

 

・灸の効果は様々で、痛みに対してとても高い効果が期待されます。また、内臓の調整やツボを用いた治療の際にはよく使います。血流促進が主な効果ではあるので、鍼を刺したところにも灸を行う場合もあり相乗効果が期待される方法の一つです。

 

■鍼灸ができること

 

・鍼灸は痛みをとったり自律神経を調整するという点で十分、皆様の力になれるものです。しかし、その効果が悪く働いてしまうことも考えられます。それは、痛みの原因が治療ポイント以外にあった場合です。

・治療ポイントは複数あり、ツボや筋膜、筋肉に対して痛みの変化を狙って刺激をしていきます。その部分だけが悪かった場合は良いのですが、原因が別の部分にあった場合は根本的な治療とはならないという事です。たけうち治療院では、その様な複雑な症状が隠れているかもと常に考え、広く体を見るために、全身の動きや筋肉を調整しながら施術を進めますので、根本的な治療が施せると考えています。

 

・腰や肩の痛みは圧倒的に多いです。しかし、基にある実感や体質は人それぞれとなります。神経のご病気の方や脳梗塞の後遺症の方なと。

 

2019-04-28 23:48:00

パーキンソン病の訪問鍼灸マッサージについて

パーキンソン病の訪問鍼灸マッサージ

 

パーキンソン病

 

 

●パーキンソン病の原因は?

 

脳のドパミン神経細胞の障害により症状が表れます。心身のバランスを調整している脳には、様々な神経回路が備わっています。

例えば身体を動かす神経回路は、一本の線でつながっているわけではなく、いくつかの神経を介して体を動かす指令が伝えられています。そのいくつかの神経の間は「神経伝達物質」が担っており、パーキンソン病の原因である神経伝達物質は「ドパミン」といわれます。ドパミンの減少やドパミン受容器の機能低下は、心身の活動に大きく影響を与えます。

ドパミンの減少する原因は、まだ十分にはわかっていませんが、年齢によるものや薬剤によるもの、遺伝性のものなどが推測されています。

パーキンソン病の治療では、不足したドパミンをパーキンソン治療薬で補充することが基本的な治療方法となります。それにより症状の改善がみられることが多いのですが、パーキンソン病を患っている方の多くが、便秘・腰痛・肩こり・体の固さなどを訴えられます。

 

 

鍼灸マッサージでは、全身の調整や痛みの施術、腸マッサージなどで、QOLの向上に寄与することを目指します。

 

 

 

●症状 

 

パーキンソン病で代表的な運動症状は次の4つです。いずれの症状も、症状の強さに左右で差があるのが大きな特徴です。

 

 

 

●パーキンソン病の4大症状

 

 

・手足が震える「振戦」

 

安静にしている時や寝ている時に、手足が小刻みに震えます。動いたり、何かしようとするときには、震えが止まることが多いのが特徴です。パーキンソン病の最も代表的な症状です。患者さまのお話だと、基礎的なお薬で割と緩和される症状だそうです。

 

 

・筋肉のこわばり「筋固縮」

 

筋肉がこわばる、身体がスムーズに動かなくなります。下記の「無動」にも関係するのですが、筋固縮は、身体の動きが十分にできません。動きが取れないと筋肉は固くなり、使いにくくなります。また、使えなくなると筋肉は痩せてしまいます。パーキンソン病の対処法では、病院やリハビリ施設での運動が行われるケースがケアマネなどからよく聞く話です。また、訪問鍼灸マッサージで【ストレッチや機能訓練運動、痛みの治療】を行う場合もあります。筋肉のこわばりにも大きく関係している、痛みや慢性的な痛みのケアに精通している鍼灸マッサージ院に定期的にお願いするケースも目立ちます。

 

 

・動きが鈍くなる「無動現象」

 

早い動きが難しくなり、動きが小さいことや歩いている時に手を振ることをしなくなります。また、一度にいくつもの動作をしようとするとさらに動きが鈍くなります。パーキンソン病は、神経伝達が上手くいかないことがあるので、頭で思っていても行動に移せないことがあります。特にこの現象は、周りから見ると「早く動いてほしい」「せかしてしまう」などあまり理解のされない症状で、本人にとってはつらい状態です。動きたくても動けない、調子の良い時はサッサっと動けるぶん、周りからのストレスは良く聞く話です。訪問マッサージでは、無理な運動はしません。調子を見ながら、パーキンソン病の特徴をとらえた声掛けや運動メニューを行います。

 

 

・バランスがとりにくくなる「姿勢反射障害」

 

立っている時にバランスを崩し、転びやすくなります。バランスを崩したときに起きる、一歩足が出る行為やバランスを戻す動作が難しくなります。

 

 

 

●パーキンソン病のその他の症状

 

・4大症状以外にも、様々な症状が表れることがあります。また、必ず症状がみられるわけでもなく、他の病気でもおこりうる症状もあります。

 

・便秘や体の痛みやコリ感、疲労感など鍼灸マッサージでお力になれることがあります。

 

・ご来院、訪問どちらでも対応可能ですので、お気軽にご相談ください。

 

 

 

◆訪問鍼灸マッサージの始め方と施術例

 

 

①電話かLINEで申込みをお願いします

 

お名前、お住まいのエリア(最寄り駅)、電話番号などをお願い致します。

また、体験施術(無料)が必要かお伝えください。その場合はご希望の日時をお聞きします。

 

 

②体験施術とシステムの説明に伺います

 

30分〜60分ほどお時間を作っていただき、訪問鍼灸マッサージの体験と必要書類の説明などをさせて頂きます。

 

 

 

③体験後、書類の発行

 

体験施術で訪問鍼灸マッサージを利用したい場合は、現在かかっている医師に施術の同意書を書いて頂きます。この同意書は、訪問鍼灸マッサージを健康保険で受けるための書類になります。同意書は当院作成しますので、患者様やご家族様が医師に持参頂く形となります。

 

 

④同意書発行後、初回訪問

 

同意書が発行されましたら施術が受けられます。初回の訪問日時をお約束します。

 

 

⑤施術開始と施術の一例

 

お約束した日時に訪問します。お布団、ベッド上に横になっていただき、お身体を診させて頂きます。

 

施術例

 

横向きでストレッチ

 

 

⑥施術終了

定期的な施術で症状の緩和を目指しますので

 

 

2019-04-28 22:16:00

【週間予定】4/28(日)〜5/5(日)

◆週間、予約状況のお知らせ4/28◆

 

※予約状況は常に変動があります。🈵表示でもご予約可能な場合もあります。

 

28(日)am🈵⚛pm🈵

29(月)am🈵⚛pm🈵

30(火)休

5/1(水)am🈵⚛pm🈳

2(木)am🈵⚛pm🈵

3(金)am🈵⚛pm🈵

4(土)am🈳⚛pm🈳

5(日)🈳アリ※美容鍼対応可

2019-04-20 16:54:00

【週間予定】4/21(日)〜27(土)

◆週間、予約状況のお知らせ4/21◆

 

※予約状況は常に変動があります。🈵表示でもご予約可能な場合もあります。

 

21(日)am🈵⚛pm🈵

22(月)am🈵⚛pm🈳

23(火)休

24(水)am🈳⚛pm🈵

25(木)am🈵⚛pm🈳

26(金)am🈵⚛pm🈵

27(土)am🈳⚛pm🈳

 

 #鍼灸整体

2019-03-29 23:13:00

【週間予定】3/27(水)〜4/2(火)

◆週間、予約状況のお知らせ3/27◆

 

※予約状況は常に変動があります。🈵表示でもご予約可能な場合もあります。

 

27(水)am🈵⚛pm🈵

28(木)am🈵⚛pm🈵

29(金)am🈵⚛pm🈵

30(土)am🈵⚛pm🈵

31(日)am🈵⚛pm🈵

4/1(月)am🈵⚛pm🈳1300〜

2(火)㉁

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10